稲の収穫

2011.09.12.19:17

田んぼの稲が、良い色になってきました。
今からウン十年前、ちょうど「風の谷のナウシカ」が流行っていた中学時代。
学校の帰り道の田んぼで、黄金色の稲が、強い風にふかれてユラユラしているのを見た時に、頭の中では、ナウシカが黄金色の稲の上を裸足で歩いているイメージが広がっていました。
そして今でも、黄金色の田んぼを見ると、頭の中では、「らん らんらら、らんらんらんらん らんらららん」と歌が流れてくるのです。
DSCN81813.jpg



DSCN81815.jpg



もうそろそろ収穫できそうだね・・と思っていたら、稲刈りマシ-ンがやってきて、稲を刈り始めました!
来週だったら、もうこの風景は見れなかったね。 ギリギリセーフ
DSCN82010.jpg



刈り始めのスタート地点に立ってみました。 おっちゃん、収穫おめでとう! 
DSCN82012.jpg

ポチッと応援よろしくね
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

Secret

確かに…

2011.09.17.21:54

コンバンハ(^w^)
確かに…頭の中に流れるよね~!おうむを耕すと稲が出来る…ついでに放射性物質を除去してくれるとよいのになぁ~(゜∇゜)
あたしゃ、高校三年間も田んぼを横目に通学してたわ!
そしたら視力上がってた(爆)
またお邪魔しま~す!(b^ー°)

Re: 確かに…

2011.09.18.19:01

そうだね! オウムなら、放射性物質も除去できちゃうよね。v-290
ひまわりは、あまり効果がなかったみたいだし、困っちゃうよ~i-202
田んぼを見て、視力UPi-184
やっぱり、景色をながめているのって、体に良いんだろうなぁ。
癒される~i-189
プロフィール

ひでこ

Author:ひでこ
のら猫の「だら」(写真のネコ)が交通事故で九死に一生を得てから、家ネコとして飼い始め、2010年2月に腎不全と診断されてからブログを開始。5ヵ月後の7月27日に亡くなりました。

その後、2011年1月16日に、保護施設のライフボートから、生後5ヶ月のオス猫を家族に迎えました。名前は「だだ」です。

2015年から、ポチたま会の保護猫預かりボランティアを始めました。

フリーエリア
動く「だだ」はこちら↓
フリーエリア
NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR