みるくちゃん、回復してきました

2017.01.08.10:24

避妊手術後、風邪をこじらせてしまい、年末年始入院していた「みるく」ちゃん。
病院では点滴されていて、エサを食べないとの事でしたが、家に帰ったら食べるかもしれないと連れて帰ってきました。
家でも食べなければ翌日また入院という条件でした。
退院して当日は、チュールを口に入れたら気に入って少し舐めました。
翌朝もチュールを3/1くらい食べ、昼にはチュールと一緒にad缶も少し食べ、少しづつ食欲が出てきましたよ。
(エルサも同じものをあげました)
IMG_8487.jpg


チュ-ル様様です。 ありがとう!
そして、ヒルズのad缶(回復期ケア)は、かなり美味しいようですよ。
(他に子猫用の缶詰をあげてみたけど食べなかったので)
ご飯を食べてくれたので、もう入院しなくて大丈夫になりました。
ご心配をおかけしました。
IMG_8491.jpg


入院していた1週間で、だいぶ痩せてしまいましたよ。
猫も人間も、食べる事の大事さを実感します。
風邪が流行る時期の避妊手術は気を付けないといけないと思いました。
他の子の時に活かします。
2017010801.png


おまけ。
マッサージを要求する「だだ」です。
このポーズをされたら、マッサージせずにはいられません!(笑)
一昨年だったか・・・禿げちゃったお腹ですが、うっすら毛が生えた程度のまま。
ずっとこのままかしらね。
2017010802.png


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ひでこ

Author:ひでこ
のら猫の「だら」(写真のネコ)が交通事故で九死に一生を得てから、家ネコとして飼い始め、2010年2月に腎不全と診断されてからブログを開始。5ヵ月後の7月27日に亡くなりました。

その後、2011年1月16日に、保護施設のライフボートから、生後5ヶ月のオス猫を家族に迎えました。名前は「だだ」です。

2015年から、ポチたま会の保護猫預かりボランティアを始めました。

フリーエリア
動く「だだ」はこちら↓
フリーエリア
NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR