地域猫対策の講座を聞いてきました

2015.12.05.11:13

先週、取手市(茨城県)と ポチたま会 の共催で、「飼い主がいない猫との上手な付き合い方」講座が開かれて、参加してきました。
新宿区で「人と猫との調和のとれた町づくり協議会」の顧問にお越しいただき、新宿区の地域猫対策の成功例を聞きました。

①地域の方々の寄付と行政の助成金とで、ノラ猫の去勢不妊手術を行い、元の場所に戻します。
②餌やりは、決まった時間と決まった場所で行い、置きエサは禁止です。
③猫のトイレを数か所作り(ブロックで囲って中に砂を入れた物や、プランターに砂を入れた物など)、決まった場所でしてもらい、糞の片づけや砂の交換をします。

これを行うことで、住民同士が協力しあえて、人と猫との良い関係が出来たようです。
これに比例して、東京都動物愛護相談センターの取り扱い件数が、平成13年度は、猫315頭いたのが、平成25年度は17頭にまで減ったそうで、12年でそんなに減るのかとビックリしました。
全国でこの行いが広まれば、殺処分しないですむ世の中が実現できるのでは!?
とても期待が持てる内容でした。
2015120508.png


だだも、保護団体から助けられて、殺処分されないですんだんだものね。
DSC_2045588.jpg


前回に引き続き、手作りケージカバーが出来ましたよ。
左のは、余り生地を継ぎはぎした物ですが、そんなに分らないかな。
2015120501.png 2015120502.png

ビニール製の可愛い柄の生地と合わせて作りました。
チャックが違うから、別物よ。
2015120503.png 2015120505.png


こちらは、アリス柄です。
だんだん上手になってきたような。(自分で自分を褒めてみた)
とりあえず、目標の10枚を達成しました。
これらは、ポチたま会の明日の譲渡会(流山市総合運動公園)から使用されますよ~
たくさんの猫たちに家族が決まりますように。
2015120507.png 2015120506.png

ポチッと応援ありがとニャ
にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2015.12.05.11:49

有意義な講座ですね。
何とかしてあげたいけれど 一人だけの力ではできないことも
周りの人の理解や協力があれば
少しずつ良い結果を出すことができるって素晴らしいことです。

ビニールカバーは 冬場の必需品ですものね。
中も見れて風よけができる&可愛い♪

前に頂いたマグカップですが
私が良く使っていたから 取っ手がとれちゃって
申し訳ありません。^^;
流しにおいておいたら カチャって音がしてみてみたら
取っ手が三つに分かれて割れていました。
それでも使ってます お椀みたいに
だって作っていただいたブレの模様なんだもの♪

Re: No title

2015.12.05.17:24

ヤムヤムママさんへ

講座に参加して良かったです。
茨城は、犬の殺処分数が何年も連続でワースト1という・・・
捨て犬や、捨て猫が多いんです。
昔からの考えを変えていかないといけないので、こういう講座はたくさんの方に聞いてもらいたいと思いました。

マグカップ、大切に使って頂いて、ありがとうございます。
やはり、作りが弱い所が割れちゃうのよ(汗)
下手なもんで、申し訳ない。
割れても使って頂けるとは、とってもありがたいです。
本体にヒビが入った時は、どうぞ捨てちゃってくださいね。
ヤムヤムママさんから頂いたお花型のマットも、自分の椅子用に愛用していますし、
冬は、マフラーも使わせてもらってますよ~
毛糸は、壊れないのが良いですね。

No title

2015.12.06.10:11

地域猫さんへの対処が進んでいけば、
処分されなくて済みますね。
私は20匹ほどのちゃんにご飯をあげていますが、
いつも葛藤しています。
春になればまた数が増えるのですもの。
去勢手術をするということに対しては
なかなか一歩踏み出せません。
特に雌猫の術後はしばらく保護が必要だと医師が
言ってましたが、寄宿舎生活では保護できませんし、
雄雌共に術後が心配なので手つかずです。

日本より何歩も遅れている韓国事情 (^-^;

ケージのカバー、とても可愛いですね。
一匹でも多くの幸せ猫ちゃんが誕生しますように !
だだちゃん、元保護猫さんだったこと、
忘れそうになるくらいね。
王子様みたいよ(´∀`)v

Re: No title

2015.12.07.09:15

だいちゃんママさんへ

こちらだと、猫が庭を荒らしたとか糞尿の問題なんかで、なかには、毒団子をまいたり保健所に連れて行ったりする方がいるのよ。
そういう方も、この活動をする事でクレームが無くなったようです。
そちらは敷地も広そうだし、人間と猫の調和がとれているように見えますよ。
韓国では、殺処分とか無さそうだし。

あら、王子様みたいですか!
ありがとうございます~❤
そうですね、「だだ」はこの家の王子様♪

プロフィール

ひでこ

Author:ひでこ
のら猫の「だら」(写真のネコ)が交通事故で九死に一生を得てから、家ネコとして飼い始め、2010年2月に腎不全と診断されてからブログを開始。5ヵ月後の7月27日に亡くなりました。

その後、2011年1月16日に、保護施設のライフボートから、生後5ヶ月のオス猫を家族に迎えました。名前は「だだ」です。

2015年から、ポチたま会の保護猫預かりボランティアを始めました。

フリーエリア
動く「だだ」はこちら↓
フリーエリア
NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR